隆の導火線

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隆の導火線

ほとんどトランペットかロードバイク、料理の話。

力には責任が


今日のできごと。


俺、今度の演奏会のメインの曲でソロ吹いてるんですよ。
オフステージで結構どソロみたいな。


今までオフステでソロ吹く練習全然してなくって。
それに、今回はやたら合奏がピリピリしてた。


とっても良い緊張感で、良い音楽でできたとは思うのだけれど。


緊張しまして(笑)


ソロを、見事にこれまでにないぐらいはずしました。
足も震えて、指も震えて、こりゃ大変だ、と。


その後の先生の一言ですよ。
「君は今日は手を抜いている。ちゃんと吹けばできるんだから、全力で演奏しなさい」


きっつ…


でもまぁ、そうだよね。
上に書いたのなんてただのいいわけだし。


正直、先生や周りの人たちに期待されてるのはわかる。
ただ時々、その重さが辛い時もあるんだよー


「大いなる力には大いなる責任が伴う」とは、よくいったものです。


自分の楽器の腕を「大いなる力」などと過信することはできないけれども、それでも自分にかかる期待とそれに応えなきゃいけない責任が付きまとうのもわかってる。


強くあろう。
いやむしろ、強く見せよう。
周りがそれで安心するというのなら、やって見せましょう。


ベストを超える、という表現を代表がしてたけど、その通りだね。
常に今日が過去最高であるように。