隆の導火線

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隆の導火線

ほとんどトランペットかロードバイク、料理の話。

総会


今年もやってまいりました、ウインドの代替わりの季節です。


幹部候補の二年生が2時間みんなに質問攻めを受ける、あの会ですよ。
懐かしいです。
俺も2年前はあの幹部候補の席に座って、たくさん質問を受けてたのですね。


とても緊張して、あんまり喋れなかったような気がする。
頭の中が真っ白になって、それでも頑張ったような。


通過儀礼」とか「無駄な二時間」とか言う人も多いです。
じっさい、こんな質問して何の意味がある?なんて質問も多いと思います。
まぁ今年も含めて、そういう質問は絶えることがないでしょう。


そんな総会ですが、大きくはその準備に意味があると思います。
どんな質問が来てもいいように、しっかり考えて対策を練る。
幹部候補以外の人たちは、声明文を読んで今後のウインドがどうなっていくのかを考える。


特に幹部候補は、この時のために何百時間と考えを巡らせるわけです。
あるはずのない答えを求めて、というとどうにも臭いけど、そんな感じ。
そうして考えたことは総会だけじゃなくて、その後の一年間、そしてもっと先まで生きてくると思うんですよ。


決して無駄な時間だとは思わない。
こうしてやりすぎなぐらいガチガチに形式ばった会を開くことで、みんなが真面目に団について考える。
だからこそ、ウインドの方向性は毎年見失わない。


そうやって方向性を修正していく、確認作業であればいい。


…と思ったのですが。


今年の総会は、ちょっと見ていてひどかったですね。
まあここに書くのもどうかとは思うのですが、まあこんなの見てる人はみんな感じたと思うので。


今の幹部候補が、ウインドに対する考え方があまりに浅すぎる。
考えを巡らせた時間が短く、考えをぶつけ合った人が少ないのがbarebareな答弁でした。


就活の面接で志望動機を聞かれて、「ちょっと考えたいので、時間をください…」とか言っちゃうレベル。
いやもう、どうなのかと。


ハラハラしましたが、無事みんな幹部になれて何よりです。
ホッとしつつも、彼らには少し考え直してほしいものです。


いずれにせよ、これから一年はそのメンバーで頑張るわけだ。
俺は卒業してしまうけれども、気になるしちょくちょく聞いてみるか(笑)


なんか叩いてばっかだったから少しフォローを入れておくと、幹部候補(もう幹部になったけど)の言葉で


「演奏会とは、これまでの時間を昇華させる場である」(改変あり)


みたいな事を言ったんですよ。
確かにアマチュアはそうだよね。
練習して練習して、そこで積み上げてきたものを一気に形にする場というか。
その積み上げていくものを大きくすることが、演奏会を素晴らしくする手段である、とまあそういうことを言っていたわけです(たぶん…少なくとも、俺の中では)


アマチュアの本番って、それまでの練習が大変だったとか、みんなと練習した思い出だとか、これまで頑張ってきたこととか、そういうのが全部詰まってるからこそ素晴らしいと思うんですよ。
決してうまくなくても、その努力とか、積み上げた思いが伝わってきて、そういうことに感動を覚えると思うんですね。


代表の言葉、素晴らしいと思いました。
収拾ついてない!終わり!