隆の導火線

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隆の導火線

ほとんどトランペットかロードバイク、料理の話。

もうそんな歳だよなぁ


連休を利用して、香川まで行ってきました。
友達の結婚式です。


学部の時、研究室で同じ机をシェアしていた女の子でした。
隣だったこともあってよく話す中だったので、結婚式にはぜひ行きたいと。
まぁ軽いハプニングはありましたが。
その件はありがとう、よしお。


朝から新幹線に乗って岡山へ。
岡山から高松まで電車で行って、ホテルにチェックイン。
あ、チェックインの前にうどん屋を二軒回ったね。


からのタクシーで揺られること30分、綺麗な式場でした。
なんと披露宴の前の式にも参加させてもらうことができました。
式の会場は100人ぐらいが座れる真っ白なチャペル。想像通り。


もうね、感無量というか。
人前式というやつだったんですけど、そもそも結婚式自体人生初で(二次会は含まない)、それも同期となればなおさら緊張?どきどきしましたよ。
なんていうのかな、新しい家族ができる瞬間を見たというか、男女が一緒になるその時に立ち会えたというか。


とりあえずウエディングドレスは綺麗だったし、ヴェールを外す瞬間なんかはぞくっと(?)しました。
新郎さんもかっこよかったし、誓いのなんとやらも素晴らしかった。


披露宴にももちろん出席して楽しませていただきました。
新郎さんが柔道部出身だったらしく、その同期の人たちがいろいろやってました。
お色直しをしたあとは胸に「寿」の刺繍が入った柔道着を着て出てきてました。
食べ物は和食とフレンチのあいのこみたいな感じで、めっちゃうまかった。
新婦からの手紙ではやっぱりおとうさんが泣いていた。
となりでよしおも泣いてた。


そんな感じでしょうか。
彼女は大学から大塚製薬にMRで就職して、その研修が終わったところで退職したらしいです。
旦那さんが四国に住んでいて、大塚も本社は徳島だったもんだから一緒にいられるつもりでいたんでしょうね。
それがMRだからということで飛ばされることになったからやめたと(笑)


ということで主婦をやるそうです。
ちょっと何のために就職したんだよ感はありますが、本人が幸せならいいんじゃないでしょうか。


人生初結婚式。
良かった。
末永くお幸せに。


翌日はまた食べ歩きまして、高松名物といわれる骨付鶏(ケンタッキーを20センチぐらいまででかくした形。衣はなくて、和風のスパイシーな味付けにカリッと揚げてある。絶品。ひとつ千円ぐらい)とうどん二杯食べて帰りました。


くったくった。


それにしても、追いコンに結婚式と2月は出費がやばい。