隆の導火線

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隆の導火線

ほとんどトランペットかロードバイク、料理の話。

ビールの文化


うちのサークルではいまだに根強く「とりあえずビール」が根付いてます。
というより、ビール以外の飲みものは基本的にコンパでは出ません(笑)


大学に入った時からビールをたくさん「飲まさせられる」ことで、ウインドでは徹底的な洗脳が行われます。


飲み会にてビール以外のものを頼もうとすると、ものっそい非難を浴びます。
どこまで行ってもビールが基本です。


飲むのが辛くてもビールを飲む。
苦くて嫌いでもビールを飲む。


いやむしろ、飲まされてきたからこその「俺は飲んだのに…」という気持ちがビールを飲まない人への非難につながっている気がします。


しかし、ここで一つの疑問が。
「嫌なら違うもの飲めばいいじゃん」


正直なところ、俺もウインド側の人間だし、「ビール苦くて嫌い」なんていう輩は「貧弱な野郎だ」という感想を抱いたりするのですけれども。
それも、個人の好き嫌いの問題だろ。


最近の個人主義の世の中じゃあ、そんな古びた精神論は通じない気がするな。
実際飲みたがらない人に飲ませる「コール」なんて文化も、そのうちすたれていくのではないだろーか。


楽しいからなくなってほしくないけど。


酒に飲まれるな。
そんな言葉は全く持って間違っている。
酒は人を飲むものであるから、酒に飲まれない飲み会なんてやめちまえ。
そんな飲み会が楽しいのだ。


つまり何が言いたかったのかというと。
今日初めてホッピーを飲んだのだけど、とくやのビールという飲み物に酷似しているということです。